トンネル工事を見学

最近、高速道路を利用する回数が増えて、

県内、県外に出かけます。

特に県外に出かけた時に思うのが、

前回は工事中だった高速道路が完成していて

移動時間が短くなり便利になったということです。

 

先日、地元のトンネル工事を見学して来ました。

伊那市の慢性的な渋滞の解消を図る目的で行われ

弊社から車で10分ぐらいの現場です。

トンネルの施工延長が約167mで

見学に行った時は約90mを掘削が完了していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

トンネルに入る前には騒音を抑制する

大きな防音扉が設置されており

昼夜二交替で朝7時から深夜25時まで

工事を行っているとの事でした。

トンネル内は思ったよりも広く、

重機で作業を行っている様子を見学しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

特に気になったのは施工管理と安全管理の重要性です。

このトンネルの地質は砂礫層(されきそう)の「土砂山」で

トンネルを掘る地質としては非常に軟弱な地盤であり

トンネル内が崩れたりトンネルの上が沈下する等の

可能性が高い地質です。

そこで、山のわずかな変化を捉えるために、

24時間、0.1mm単位まで計測し

監視を続けているそうです。

トンネル内には警報機があり異常があれば

作業を止めてすぐに退避出来る体制がとられ、

職員に異常を知らせる一斉メールが送信される

システムが整っているとのことでした。

わずかな変化も見逃さないように監視を続けていました。

 

完成はまだ先になりますが、

このトンネルを通り抜けるのが今から楽しみです。

コメントは受け付けていません。